どんな人が加入できる?

自営業者が加入する条件は多少ある

誰でも加入できるといわれている個人型確定拠出年金ですが、職業や年齢によって加入条件があります。加入条件によって掛け金も大幅に異なるため、加入条件を確認してから加入を検討された方がいいでしょう。
第一に年齢ですが、自営業・無職・専業主婦(主夫)の場合には、20歳以上60歳未満が対象となります。会社員・公務員の場合には、60歳未満で働いていれば、20歳未満でも加入は可能です。
自営業者の場合、もうひとつ加入条件があり、国民年金保険料を納めていることが条件です。障害基礎年金を受給している場合を除き、全額・半額免除されていないことも条件に当てはまります。更に農業者年金基金に加入していないことも条件のひとつに当てはまるため、加入しているかどうかをチェックしてから申し込んでください。

会社員の場合は多少ややこしい

会社員・公務員・専業主婦の場合、多少加入条件が異なります。公務員の場合には、年間14万4千円分しか掛け金にできません。月額にすると1万2千円となります。また、専業主婦の場合、パートナーの年金の関係があるため、年間27万6千円、月額2万3千円です。加入条件は自営業者ほど厳しくありませんが、それでも掛け金は少なくなります。
会社員の場合には企業型確定拠出年金に加入しているかどうかによって、多少対応が異なりますので、注意してください。会社員の場合、会社に企業型確定拠出年金がない場合、他の企業年金の有無によっても多少異なるでしょう。他に企業年金が一切ない場合は年間27万6千円、月額2万3千円です。あって加入している場合、年間14万4千円、月額1万2千円となります。
企業型に加入している場合、他の企業年金がなければ年24万、月額2万、企業年金がある場合、年間14万4千円、月額1万2千円です。