いくらから運用できる?

最低5千円から積み立てできる

大量に資金を投入しなければ老後を乗り切れないと考えている人もいますが、小額から少しずつ増やしていくことで、個人型確定拠出年金を自分らしいスタイルで運用することは可能です。最低金額は5千円からなので、普段積立貯金をしている人や、へそくりをためようとしている人であれば積極的に運用ができる金額といえるでしょう。
最低金額のままでずっと終わらせることなく、1千円単位で増やすことが可能となっているため、小額で給料がアップしたら少しずつ増やす、ライフスタイルに合わせた運用が可能です。将来に向けてどれくらい貯蓄をしたらいいのか、老後のためにいくら残したらいいのか漠然としたイメージしかない場合は、最低金額で様子を見て、目的が定まったら増額するやり方がいいでしょう。

年単位で一括払いも簡単にできる

基本的には毎月26日に一定の金額で拠出することが多いです。しかし、平成30年1月から1年単位での拠出が可能となりました。自分の好きな月にまとめて一括で拠出することで、毎月支払わなくても済みます。自営業の人であれば手軽に切り替えが可能となっていますが、多少の条件があるため、事前に確認してください。
会社員で一括払いをしたい人もいるでしょうが、会社側で却下となる場合も少なくありません。会社側に事前に相談してから申し込むことが条件となります。
なお、年払いの場合には指定した月にしか納めることができず、納める月を過ぎてしまったら後から納めることは不可能であるため、注意してください。詳しい資料を読み、自分でできそうだと思ったら実行することが重要です。